2020年5月に佐賀競馬でデビュー。ダイハチという馬がいた。

私は新馬の中ではシルバーセイントという馬を応援していたが、

「ダイハチ」という独特の馬名が妙に気に入ってしまい、

「競馬場で叫びやすそうな名前だなァ。がんばってほしいもんだ」

と活躍を願った。




5月のデビュー以来、勝ちこそしないものの惜しい戦いを続けるダイハチ。

気が付けば私は、シルバーセイントと一緒にこの馬を

追いかけるようになっていた。

ツネライデンが大敗の連続で苦しかった反動かもしれないが、

好走を続けるダイハチはカッコよかった。




2020年夏。このとき日本はコロナヒッポリト騒動で、

佐賀を含むほとんどの競馬場が入場禁止という異常事態。

それでも「いつか現地で全力応援したい」という想いで、横断幕を制作。

ネット越しではなく、この目でダイハチを見る日を待ったが

残念ながらその日はこなかった。

デビューから三か月後、2020年8月にダイハチは登録抹消。

競馬場からその姿を消した。






力あるものだけが生き残れる世界とはいえ、あまりに早い引退。

一体ダイハチになにがあったのか。

馬主の経済的都合か。それともケガか。

競走馬は経済動物。深く考えても仕方がないかもしれないが、

競馬情報サイト「ネット競馬」ダイハチをよく知っているユーザー

いたので、聞いてみることにした。






ダイハチの写真をアップした履歴もある緑野さん。

まったく面識はなかったが、「ダイハチのファンです!なにか知っている

ことがあれば教えてほしい!」
とメッセージを送信。







明和東とは私の「ネット競馬」のハンドルネーム。

ダイハチの引退はケガ。じん帯断裂。

残念。本当に残念だ。


残念だが、事実を知ることができてよかった。

見ず知らずのレベンディッカーに対し、真摯に対応してくれた

緑野さんには感謝しかない。

「ダイハチの横断幕を見てみたい」と言ってくれたので、せめてものお礼に

私が集めたダイハチの画像をまとめページにして送ることにした。





ダイハチのまとめ画像







緑野さんは喜んでくれた。

突貫ページはは牧場の方(ダイハチの馬主:服部文明氏)

まで届いてしまった。

ウサギノワルツ以来、推し馬を応援してきたが、馬主にまで声が

届いたのはこれが初めて。
恐れ多いことだ。

ヤナギ暴言は載せるんじゃなかった(汗)







もうダイハチは戻ってこない。

だが全弟が健在であり、2021年に佐賀デビューするという。

これには身体が震えた。心が燃えた。


ダイハチへの想いは、まだ終わらない。


















「こいつを・・・・」




「1戦でも多く、応援するよりないな」





TOPへ戻る